データ復旧を円滑にする工夫|災害時も安心のサポート

災害時にデータを守る方法

男性

クラウドを利用した保存

多くの企業がITに依存したビジネスを展開しています。非常に効率が良い反面、不測の事態が起こった時には全くシステムが機能しなくなる恐れがあります。最も影響を受けるのがパソコンのデータや情報が取り出せなくなるか、最悪の場合消失してしまうことです。そのためにはパソコンで作業する場合には常にデータや情報をバックアップすることが必須です。今まではHDDに自動的にバックアップするのが定番だったのです。もしHDDが故障しても、バックアップしてあればすぐにデータ復旧ができます。もしバックアップしてなくても、専用の業者に依頼すればある程度のデータ復旧は可能です。しかし地震や火災などの災害が起こった時は、バックアップ用のHDDまで破損する可能性があります。

遠隔地サーバを使った保存

企業としては災害時のバックアップシステムを導入する必要があります。その1つに法人用のクラウドサービスがあります。クラウドというのはインターネット空間に保存領域を確保し、そこにデータや情報をバックアップする方法です。ネット空間への保存なので、災害が起こってパソコンやHDDが破損しても影響がないのが特徴です。また、レプリケーションサービスを利用する方法もあります。これは本番サーバーの他に遠隔地にサーバを設定し、パソコン作業で発生するデータや情報を自動複製するシステムです。災害が起こっても遠隔地のサーバに切り替えれば、すぐにデータ復旧ができます。このように万一の事態に備えてすぐにデータ復旧できるバックアップシステムを工夫することが、これからの企業には必要です。

パソコンが不調となった時

ラップトップ

パソコンなどのデバイスの故障により、大切なデータを消失した時はデータ復旧業者に依頼することで回復させることが可能です。故障したらすぐに依頼することで、成功率は高まります。迅速に対応できる業者もあるので、適切な業者選びが必要です。

ハードディスク破壊

PCを操作する女性

データ破損が発生する理由は、主にハードディスクのヘッド部やアーム部が破損する物理破損があります。また、データの書き込みが正しく書込みできない論理破壊もあります。物理破壊は、データ復旧サービスを行っている企業に持込することが一般的です。そして、論理破壊の場合には、インデックス情報の再生成等を行う事で復旧ができることもあります。

HDD故障が発生したら

会社

PCが普及した現在、HDDの故障からのデータ復旧は個人でも企業でも重要な問題です。個人で復旧する方法なら費用を少なく抑えられるため人気がありますが、限界があります。本当に必要なファイルを復旧する場合は専門の業者に依頼するのがオススメです。

Copyright © 2016 データ復旧を円滑にする工夫|災害時も安心のサポート All Rights Reserved.